• 授業
  • 暗記
  • 演習

ちょっとしたスキマ時間や移動時間に大活躍
地理 歴史 公民 ~瞬間の250問~

フラッシュカード 地理 歴史 公民

いつでも・どこでも・楽しく学べてポケットに入る本格派アイテム

こんな子におススメ

  • 地理、歴史、公民をもっと楽しく、遊び感覚で学びたい
  • 地理、歴史、公民の基本的な知識がところどころ抜けている
  • 電車やバス、車などの移動時間・スキマ時間をもっと有意義に使いたいが、ピッタリのものがない
  • 自分で白紙の単語カードを買ってきて、問題と解答を書き込んで自作のカードを作ったが、
    結局、単語カードを作ったことに満足して三日坊主になってしまう
  • ポケットに入るサイズの社会の教材を探していた

教材開発者の紹介

日本で唯一の中学受験 社会科専門塾を運営する
カリスマ社会科講師

野村恵祐

中学受験 社会科専門のスタディアップ 代表

大学1年次より、数々の大手進学塾や個別指導塾、家庭教師センターで活躍。短期間で社会の偏差値を上げて、志望校に合格させた実績を多数持つ。

そういった経験の中で、中学受験の社会科に対する固定観念に矛盾を感じ、日本で唯一の社会科専門塾スタディアップを創業する。(おかげさまで創業から10年)

●東京の代々木で毎月行う授業形式の社会ライブ講義(集団指導:20名)は、常に満席でキャンセル待ち多数。(北は仙台、南は鹿児島から飛行機で受講する生徒もあり)

●社会は「考える」科目ではなく、「覚える」科目であり、「自学・自習」が最重要の科目であるとの観点より、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせるような講義CD・テキストなどの教材開発・プロデュースを行い、年間に2,000名以上の受験生、及び、その父兄と関わっている。

●社会のプロフェッショナルとして、首都圏179校、首都圏以外の人気中学数十校の社会の入試問題を毎年全て解いており、最近は全国各地の中学受験塾から招待講師の依頼も多数。また、中学受験の学習塾に対して、社会科テキストの監修や、模擬試験製作、社会科の指導コンサルティングなども行っている。

著書

番組監修・TV出演

掲載誌

新聞

※こちらで紹介したメディア掲載はスペースの関係上ほんの一部で、他多数のメディア掲載があります。

教材の開発経緯

一言でまとめると、『家庭学習のちょっとしたスキマ時間や、電車・バス・車などの
移動時間を有効活用でき、入試問題を解く上で、絶対必要な知識をカードで楽しく覚えたい』
という目的で開発しました。

ご家庭によっては、このフラッシュカードのような「カードリングタイプの教材」を
すでに手作りで作ったという話もチラホラ聞きます。

確かに、このカードリングタイプは非常に便利なため、お父さん、お母さんが協力しながら作ったり、
もしくはお子様が自作で作っている家庭もあるかもしれません。

しかし、ここに大きな落とし穴があります・・・

えっ、こんなに便利なカードリングタイプの教材に落とし穴があるって?

そうなんです。こんなに便利で重宝するカードリングタイプの教材ですが、
実は、絶対にやってはいけない事があります。そう、それは、自分で作ってしまうことなのです。

驚かれたかもしれませんが、このカードリングタイプの教材は、
工夫して勉強できる便利なアイテムだと思って自分で作り始めると、全く役に立たないものに
一瞬でかわってしまう
可能性が大いにあります。

いや、役に立たないならまだ良いのですが、
むしろ、もっと悪循環なのは、カードリングタイプを工夫して
自分で作るという「作業」に時間を多くかけ、いかにも
「勉強した気になる」という感覚に陥ってしまうこと
なのです。

もしも、あなたかあなたのお子様が同じものを手作りで作っているならば、
それを本当に活用できていますか?自身で頑張って問題を書き込んで作ったカードリング・・・

最初の3日間は必死に作った充実感で勉強した気になっているかもしれません。
しかし、1週間後はほぼ間違いなく机の中に眠ってしまいます。

すでに受験を終えた保護者の方で、以前自作でカードリングを作ったことのある体験談を
数え切れないほど聞くことができました。しかし、そのほとんどが失敗談です。

その中で、まさに典型的な失敗例を3つご紹介します。

失敗例その1

東京都 スーちゃん様

大失敗!100円ショップで買ってきた
白紙の単語カードに書き込んだ自作カードリング。

その当時の状況を教えて下さい。

最初のうちは、模試で間違えた問題を100円ショップで買ってきた
白紙の単語カードに書き込んで、自作のカードリングをつくり始めたのですが、
1ヵ月後の模試の後には、続かずじまいで終わってしまいました。
(100枚書きこめる単語カードですが、結局15、16枚でやめてしまいました。)

やはり、模試の問題形式だと、小さな単語カードまとめるにしても、まとめかたも難しく
続けるのは到底無理でした。(使いこなすのは遥か彼方です 汗)

弊社のフラッシュカードはいかがでしたか?

もっと早く、このフラッシュカードを知っていれば、
単語カードを作るという無駄な作業に時間をかけずに済んだと思っています。
このフラッシュカードは、中身の完成度も非常に高く、作る手間暇も省くことができます。

届いたら、リングを通すまでに15秒程度しかかからず、その日から喜んで使っている姿をみると、
やはり餅は餅屋といいますか、こんなに便利なものがインターネットで買えるのかと
感心するのと同時に、これを知らずに、自分で試行錯誤したかと思うと恐ろしくもあります。

失敗例その2

埼玉県 apple様

塾でもらった単語カード用の問題・解答プリント。
しかし、家に帰って作ってみると・・・

その当時の状況を教えて下さい。

うちの娘は都内の某塾に通わせておりますが、そこでは社会の先生が、A4の紙1枚に、
24種類の問題が印刷されたプリントをくれました。問題バージョンと、
解答バージョンをそれぞれ5枚ずつくれます。

ただし、ミシン目もなく、穴も空いていない薄い普通の紙に印刷されたものを
各自ハサミで切って、厚紙にノリで貼るよう指示されただけでした。

丁度良い厚紙がなかったので、文具屋で適当なものを購入し、わたしと娘で時間をみつけて
一緒に作り始めました。しかし、問題を表に貼りつけ、裏に解答を貼りつけると、
すでに厚紙がしなってしまい、強度のとても弱いものが出来てしまいました。

しかも、ハサミで切ったため、1枚1枚の形の大きさも違い、穴の位置もそろわず、
はっきりいってあまり使いたいと思わないものでした。

しかも、すべて手作業なので、途中からは娘が学校に行っている間、わたし一人で5日間かけて
作りました。結局、塾に行く前に、3回くらい使っただけで、それ以来使わなくなりました。

弊社のフラッシュカードはいかがでしたか?

この教材は、本当に良くできています。
わたしのように、自作経験がある方は、全員が買うのではないでしょうか。笑

几帳面な娘なので、サイズ・形もそろったこちらのカードを大変気に入っています。
塾に行くときも、離さず持っていきます。

ただし、塾の友達には、どこで買ったか言わないように口封じをしています。笑
※野村先生、娘の受験が終わったら、周りにもすすめておきます。

失敗例その3

愛知県 ラビット様

主人がとりあえず、パソコンのWord(ワード)で問題を作り、
それを私が切って作り始めましたが・・・

その当時の状況を教えて下さい。

そもそも、きっかけは、塾の友人がそういったカードのようなものを作ってもらい、
それを見た息子が作って欲しいと頼んできたのがはじまりでした。

わたしの主人もパソコンを多く使う仕事でしたので、なんとか頼みこんで、
休日返上で、塾のテキストから適当な部分を抜き出してWordにうってもらっていました。

しかし、土曜、日曜の限られた時間でしか作れませんし、
毎週作業に時間を割けるわけではありません。また、問題選びにも時間がかかりすぎて、
2ヶ月くらいたってやっと150問程度完成したところでした。

弊社のフラッシュカードはいかがでしたか?

そんな矢先、本当に偶然なのですが、こちらのホームページを拝見して、
まさに「これだ!」という宝探しで宝を探し当てた気分でした。

迷うことなく購入させていただき、届いた実物をみて隣にいた主人が
「こんなものがあったんなら、先に教えてよ!2ヵ月間の土日を返して!」とボソリ。
受験において時間と情報はやはり大切だと実感しました。

いかがでしたか? この3つのお話は、どれも自作でカードリングを作り、
その後、弊社のフラッシュカードをお使いになった生の声です。

この3つのお話からも分かるように、カードタイプの教材は使い方を間違えると
時間の大幅なロスにしかなりません。

教材の特長

オススメ1

時間が貴重な受験生に朗報!手元に届けばたった10秒で完成!
すぐに活用できる時間効率の良さ

お手元に届き次第、お子様にはリングをはめる作業だけやってもらいます。
時間は、完成までたった10秒程度です。

届けばすぐに、電車や車での移動、寝る前のちょっとした時間など場所も問わず大活躍します。

オススメ2

カード形式のポケットサイズであっても、内容に妥協は一切なし!
選びに選び抜かれたキーワードばかり

カードタイプの教材ですと、
A4やB5サイズの教材に比べて収録できる情報量が圧倒的に少なくなります。
つまり、重要なキーワードを絞り込む作業の大変さは並大抵ではありません。

そして、この入試に出題されやすい重要なキーワードを選び抜くということ、
これこそがわたくし野村にしかできない作業だと思うのです。

上の写真は、このフラッシュカードができるまでの問題原稿ですが、
それを最終的には地理250問、歴史250問、公民250問まで絞り込んであります。

親子でいくら頑張っても、こんな作業は到底出来ないはずです。

オススメ3

紙質や文字の見やすさにもトコトンこだわった
ポケットサイズのアイテム

この手の教材は、毎日使いたくなるようなものでないと意味がありません。
そのために、内容以外の部分にもこだわり抜いてあります。

  • 片手におさまるコンパクトな形
  • カードの紙質
  • カードをめくりやすくするためのリングの大きさ
  • 記憶に残るように文字の見やすさ

こういったものもトコトン追求しました。

喜びの声

スペースの都合がありますので、ここでは2つだけ紹介します。

知識面での点数は、
購入前より確実にとれるようになりました。感謝しています。

(小学6年生 東京都 トゴハム様)

画像をクリックすると
大きく表示されます

商品をお使いになられた感想をご自由にお書き下さい。

参考書や塾のテキストなどでは、なかなか頭に入らなかったのは、公民があまり背景や文脈のない知識がおいからだと思う。その点、カードタイプは大事な点が記憶しやすい。

お使いになり、社会の成績の方に変化はありましたか?

知識面での点数は、購入前より確実にとれるようになりました。感謝しています。

塾の先生につくると良いと言われていたが、
時間もなくあんな気の利いた物は出来ないと思うので、
とても助かりました。どこにでも持ち歩けるので、とても便利です。

(小学6年生 神奈川県 トモチャン様)

画像をクリックすると
大きく表示されます

商品をお使いになられた感想をご自由にお書き下さい。

フラッシュカードは本当にありがたかった。塾の先生につくると良いと言われていたが、時間もなくあんな気の利いた物は出来ないと思うので、とても助かりました。どこにでも持ち歩けるので、とても便利です。

お使いになり、社会の成績の方に変化はありましたか?

とても良いと思いますが、時間がなく、十分に生かしきってないので、これからでも活用したいです。

このように、多くの喜びの声からほんの一部を紹介させていただきました。他にも圧倒的な数の成功事例・喜びの声がございます。

もっと多くの事例をご覧頂きたい方は、こちらを御覧ください。
※現在、「フラッシュカード」に関する喜びの声の掲載数は16つあります。
なお、寄せられる喜びの声は、毎年数百枚になります。

教材の紹介

フラッシュカード 地理

地理

収録単元

日本の国土・地形・気候 / 人口・都市と都道府県 / 農業 / 水産業 / 工業 / 公害・文化財 / 地下エネルギー・資源 / 貿易 / 九州地方 / 中国・四国地方 / 近畿地方 / 中部地方 / 関東地方 / 東北地方 / 北海道

フラッシュカード 歴史

歴史

収録単元

旧石器時代 / 縄文時代 / 弥生時代 / 古墳時代 / 飛鳥時代 / 奈良時代 / 平安時代 / 鎌倉時代 / 室町時代 / 安土桃山時代 / 江戸時代 前期 / 江戸時代 中期 / 江戸時代 後期 / 明治時代 / 大正時代 / 昭和時代

フラッシュカード 公民

公民

収録単元

民主政治 / 日本の憲法 / 国会 / 内閣 / 裁判所 / 日本の財政 / 地方自治 /国際連盟と国際連合 / 世界の平和

スタディアップ教材のお申し込みはこちらから

現在、多数のお申し込みをいただいております

この教材と組み合わせると効果的

社会の成績を効率よく上げるためには、次の3つのステップが必要です。

本教材は、ステップ2の効率の良く知識を【暗記】するためのアイテムになります。

もちろん、基本的な授業が頭に入っている状態で、
フラッシュカードや暗記の極意777のインプットをしっかりと行えば間違いなく成績は上がります。

しかし、多くのお子様の場合、授業の部分が抜け落ちた状態で、やみくもに暗記をしたり、
問題演習を行っているため、成績が上がりづらいことも多いのです。

ですから、【コンプリート社会 合格講義CD】で授業を受けたあとの補助教材的な役割で、
【フラッシュカード】を合わせてお使いいただくと、抜群の効果を発揮します。

スタディアップ教材のお申し込みはこちらから

現在、多数のお申し込みをいただいております

よくあるご質問

質問

「フラッシュカード地理」の使用データに関して

答え

地理の参考書や問題集を選ぶ際に一番心配されることとして、
掲載された統計データが古くなってしまい、自分が入試を受けるときと
内容が変わってしまう可能性があるのではないかという声をよくいただきます。

確かに市販の参考書の内容自体は良いものであっても、
統計データが古くなってしまうと、その良さが半減してしまうケースは多々あります。

そうならないように、本教材に収録された統計データについては、
改定が必要なものに関しては、最新のデータにすべて上書きしています。

そのため、本商品に収録された内容は、
すべて最新のフレッシュなものになっておりますので、ご安心下さい。

質問

『暗記の極意777インプット』を既に持っているのですが、
そのテキストの部分と同じ問題は含まれているのでしょうか?

答え

「暗記の極意777」の問題は全部で777問ですが、中には一部同じ問題も含まれています。
入試で出題されるキーワードは限られていますので、そういった点からも
同じ問題が収録されてしまうことをご理解ください。

こちらはカード形式・ポケットに入るサイズで、
移動時間や隙間時間にも使える点で差別化してある教材です。

また、弊社教材の位置づけとしては、

・メイン教材・・・コンプリート社会 合格講義CD、暗記の極意777インプット
・補助教材・・・フラッシュカード社会

となります。
ですので、塾の社会に十分満足していて、あくまでも移動時間やスキマ時間を
有効活用するための教材のみを探していた場合は、本教材のみで問題ありません。

しかし、社会自体が苦手なお子様の場合は、フラッシュカードのみをお使いいただくよりも、
コンプリート社会 合格講義CDや暗記の極意777インプットをメインに活用しながら、
その補助教材としてフラッシュカードをお使いいただくと、抜群の効果を発揮します。

質問

偏差値で言うと、60以上の中学校を志望しているのですが、
そういったレベルの中学校にも対応しているのでしょうか?

答え

フラッシュカードにある内容は、北は北海道から、南は鹿児島、沖縄まで、
どの中学を受験するにしても絶対に必要な内容ばかりです。

むしろ、難関校ほど基礎に忠実なところも非常に多くなっております。
まずは、知識の下地を作っていきましょう。

質問

首都圏・関西圏でないところで、受験をするのですが、内容は対応しているのですか?

答え

もちろん対応しています。地域を問わず、どの中学校の社会にしても、
まずは基本的な知識のインプットありきです。

そして、このカードは、どの中学のどんな問題を解くにしても
知っておいて欲しいポイントをまとめたカードです。
地理250問、歴史250問、公民250問の全問を自分の知識にする気持ちで取り組みましょう。

このページの先頭へ戻る 野村恵祐プロフィール 教材のお申し込み